忙人寸語

忙人寸語(2017年3月13日)

  • 0
  • LINEで送る

 その電話は、議員の不祥事を告発する内容だった。警察がひき逃げ容疑で逮捕した「農業男性」とは、実は現職の町議なのだという。県南部の支局に赴任していた頃のことである

▼秋田県内で起きた交通事故の被害者は地元町長だったが、当局の発表は「70代地方公務員」。匿名性の是非はさておくとして、情報の意味、影響力などを理解する力-リテラシーというらしい-は重要だ

▼千葉のリーダーを決める4年に1度の知事選はいよいよ論戦が白熱してきた。候補者名をひたすら連呼するウグイス嬢には少々辟易(へきえき)するとして、バラ色の公約が並ぶその訴えには注意深く耳を傾けたい

▼毎度、関心の低さが指摘される本県知事選。前回投票率31・96%などは民主主義の危険水域だろう。かのウラジーミル・レーニンは<無関心は権力者、統治者への静かな支持である>と警鐘を鳴らした

▼11万6825人。知事選では初適用となる「18歳選挙権」で投票権を得た18、19歳の数だ。とりわけ18歳の多くは晴れて高校を卒業したばかり。就職、進学などまた一歩、大人の階段を上る諸君にお祝いを申し上げる

▼4月からの新生活をスタートする前に26日は必ず投票に行こう。ふるさとの未来をその1票に託してほしい。「(無党派層は)そのまま寝てしまってくれればいい」などと吐いた元首相の妄言を許してはいけない。