忙人寸語

忙人寸語(2017年2月26日)

  • 0
  • LINEで送る

 性的少数者(LGBT)は長らく差別されてきたが、公に市民権を得つつある。政府は、新年度の国家公務員の人事管理指針にLGBT配慮規定を盛り込む方針を固め、千葉市も今年から法律婚カップルと同等の休暇制度を取り入れた

▼が、世間一般は?アブノーマルな世界を妄想してしまう。女子マラソン選手の夫が離婚会見で、「Iwasgay」と唐突にカミングアウトした際、目が点になった読者も多かろう

▼受け入れるには時間がかかる。この難題に、荻上直子監督が『彼らが本気で編むときは、』(公開中)で取り組んで、新たな家族のカタチを示す。『かもめ食堂』などの秀作を放ってきたが、この監督ひと皮むけた

▼男癖の悪い母親が家出してしまう。一人残された小学5年の娘は叔父の家を頼る。待っていたのは女装した叔父の恋人。性転換手術をした元男性だった…

▼育児放棄、認知症、性同一性障害と深刻な現代病を扱いながらも、シリアスとユーモアの均衡よく悲壮にならない。包容力のある演出の妙味だ。ザ・家庭料理の唐揚げ、エビの炒め物など叔父宅の食卓は日々豊かで、同性カップルと姪(めい)っ子の疑似家族もありか、と納得させる

▼現代のような性観念の過渡期にあって“常態”とは何なのか。未婚率の上昇でかつての家族像は形骸化。LGBTは“変態”と冷視する対象ではなくなっている。